シミには色々な種類があります

シミは皮膚のメラニン色素の沈着ででき、「肝斑」や「炎症後色素沈着」などその種類もさまざまあります。そしてその皮膚のメラニン色素の沈着も原因はさまざまで、ホルモンバランスや食生活の乱れや紫外線、ストレス、老化または遺伝的要因などといったことが複雑に絡み合ってるということが考えられます。
またケアに関しても間違った方法によって、かえって悪化してしまうケースもありえるので、セルフケアなどではあまり改善がみられないときは、迷わず皮膚科専門医などに相談するようにいたしましょう。

肝斑に対するケアについて

この「肝斑」はおもに30代から40代の女性に多くできるシミで、頬骨付近や鼻の下や額などにできやすくなっています。見た目は左右対称にできることが多いのが特徴で、妊娠時にもできてしまうことがあります。考えられる原因としては女性ホルモンが関与しているとされています。

そしてセルフケアとして有効なのは普段から、この肝斑の再発因子とされる紫外線をしっかりと防ぐことを心がけることが大切で、なるべくシミを発生させるメラニンを生成、沈着させないようにしましょう。また化粧品によるスキンケアも有効ではありますが、顔の皮膚は非常にデリケートですので、あまり強くマッサージしたりするなどはしないようにしましょう。ひどい場合はシミがさらに濃くなってしまうこともありえます。食生活の面に関してはメラニンの抑制と還元が期待できるビタミンCやビタミンEを多く含むトマトや鮭、ベリー類などを積極的に摂取するようにするとよいでしょう。

炎症後の色素沈着のケアについて

「炎症後色素沈着」とは肌がかぶれたり、にきびや火傷が刺激となってメラニンが生成、沈着してできてしまうシミを指します。できてしまってもだいたい1年か2年で自然となくなってしまうことがほとんどですが、ずっと消えないこともありえます。

この炎症後色素沈着のセルフケアとしては、普段からさらなる炎症防止のため新しいかぶれやにきびをつくらないようにすることが大切で、すでにシミができてしまっている場合はそれ以上濃くしないようにするため、紫外線をなるべく浴びないようにしましょう。またメラニン生成を防ぐため、ビタミンCやビタミンEが多く含まれている食物を摂るようにしましょう。

もしなかなか改善しないようなら、強い炎症ができる前になるべくはやくクリニックなどで受診するようにして、色素の沈着を防ぎましょう。この炎症後色素沈着は初期治療が非常に大切なのですが、シミができてしばらく経ってしまった場合はレーザー治療といったものもあるので検討してみてもよいでしょう。

光線性花弁状色素班のケアについて

「光線性花弁状色素班」とは海岸などで強い紫外線を浴び、日焼けをしたときにできてくる、花弁状から金平糖状のシミのことをいいます。これはおもに肩や胸や背中の上のほうにできることが多いシミです。

自分でできる予防策としては、なるべく強い日焼けを避けるよう紫外線対策をじゅうぶんに行うことが重要です。また海や海岸などでは紫外線防御能がある、「ラッシュガード」を着用することも予防効果が高いです。とくに若い方や年齢の低い子供は、強い日差しを浴び続けることによって将来皮膚癌のリスクも高くなってしまうので、注意が必要です。

そして強い日焼けをして、皮膚がひりひり痛み水ぶくれになったりしてしまった場合にはまず、よくアイシングをして、すみやかにクリニックなどで受診しましょう。はやめの治療で炎症を抑えることが大切です。またスキンケアに関しては美白化粧品などでビタミンCやビタミンEを積極的に、摂取していくようにするのがいいでしょう。