シミやしわができる原因、対策にはどのようなものがあるでしょうか?

紫外線はお肌の美容と健康のためには大敵です。シミやしわができる原因は自然老化が20%で、光老化が80%といわれています。

シミやしわは放置しておくとどんどん酷くなってきます。予防としては紫外線を防ぐことや、食べ物などで肌の老化を進めないようにすることです。

シミができる原因とは?

肌にいつのまにかできてしまうシミ。シミの原因は紫外線だといわれていますが、原因や症状によってさまざまな種類があることが知られています。

まず、シミの種類について調べてみると、

・肝斑

褐色のシミが額や、頬、目や口の周りに左右対称に表れるものです。

肝斑は表皮の基底層にある色素形成細胞のメラノサイトによって作られるメラニン色素が日焼けした後に増大、さらに皮膚の中に沈着してできるシミです。

・そばかす

そばかすはメラノサイトが日焼けによってできるもので、子供や大人にまで現れるものです。紫外線を浴び続けることで、色が濃くなるなど数も増えてきます。

よく現れる場所としては、頬や鼻の周りで手足や体などにも現れる場合があります。

・スポット斑(老人性色素斑)

はっきりした原因は不明ですが、高齢者の額や頬に多くみられるシミです。老化により皮膚が変化したものだといわれています。

若い人の場合でも、20代頃にも現れる場合があってこれは光老化性色素斑と呼ばれています。

シミができる原因は紫外線がよく知られています。そのほかにも加齢、ストレス、睡眠不足、肌の炎症、肌荒れ、ニキビ、ホルモンバランスの異常などさまざまです。

シミのできやすい部分としては

・額にできる場合

額は、以外と日焼けの蓄積が起こりやすい部分で、髪の生え際や眉の上あたりなどに部分的にできる場合があります。

額全体にできてしまうとシミに気がつかないことも多く、ケアする機会が遅くなってしまいます。

・目の周りにできる場合

目の周りにシミができてしまう場合は、目頭と鼻の間のくぼんだ部分や髪の生え際にできる場合が多いです。

・頬にできる場合

頬は顔の中でも日光があたりやすい部分です。頬骨の高い部分にでき、化粧かぶれなど色素沈着が起こります。

・口の周りにできる場合

口角から下の部分にできやすいです。上唇にできるとヒゲのように見えてしまいます。

肌にできるシミの多くは日焼けによって作られたメラニン色素が肌の中に残り沈着したものです。

紫外線を浴びることで、細胞で活性酸素が発生してメラノサイトという細胞が刺激を受けメラニン色素を作るためです。

しわのできる原因

顔のしわのできる原因、それは紫外線であったり、光老化であったり、肌の乾燥、顔の筋肉の衰え、睡眠不足などによる原因が主です。

しわは、おでこ、眉間、目じり、目の下、口の周り、ほうれい線などいろいろなところにできてきます。

・紫外線によるしわ

しわのできる原因は紫外線が80%といわれるほど、肌に大きな影響を与えるものです。

紫外線が肌のハリ、弾力などを保つコラーゲンにダメージを与え、コラーゲンの間に張りめぐらされているエラスチンを変性させる酵素が分泌されます。

肌は正常な編目構造が保てなくなり、肌の弾力は失われ、しわやたるみとなってしまいます。

それも、わずか数分間紫外線を浴びただけでも数時間後には皮膚のコラーゲンが影響を受けてしまいます。

しかも、コラーゲンはいったん破壊されると自力で復元することもできません。

・光老化によるしわ

光老化とは紫外線を長年浴び続けていることで、シミや深いしわ、たるみなどを引き起こしてしまいます。

真皮のコラーゲンがダメージを受けたままで顔のシミやしわとなって蓄積されます。光老化は野外での仕事や活動が多いシニアの方に多くみられます。

・肌の乾燥によるしわ

肌の乾燥は角質層の表面が乾き、細かい亀裂ができます。水分の蒸発で皮膚はさらに乾燥して薄く硬くなります。

そのため、弾力が失われることで小さなしわがたくさんできます。目の周りにできるしわは「ちりめんしわ」「カラスの足跡」などと呼ばれることがあります。

・顔の筋肉の衰えによるしわ

顔の筋肉が衰えてきても表情筋が衰えることで、顔全体が下がり、「たるみ」となってしまいます。

顔の筋肉が下がることで皮膚も下がりヒダになった部分がシワになります。

顔の筋肉を鍛えることでしわは伸びてもとに戻ります。しかし、筋肉が衰えていることで徐々にしわは深くなっていきます。

・睡眠不足によるしわの発生

睡眠不足もひとつのしわの原因となります。ターンオーバーでは28日間のサイクルで肌の細胞がフケや垢となって剥がれ落ちていきます。

睡眠不足はターンオーバーの働きを阻害し、成長ホルモンの分泌を悪くしてしまいます。

肌の傷んだ部分を修復するためのゴールデンタイム、つまり、午後10時から午前2時の間に肌は再生される時間です。

その時間帯に睡眠が不足してしまうことで肌の再生が遅れ、肌はしわができやすくなってしまいます。

食材でシミやしわを防ぐ対策

シミやしわができる原因は、自然老化が約20%で、残り80%は紫外線による光老化が原因です。紫外線を浴びることで肌の酸化につながってシミやしわが発生してしまいます。

体の酸化現象を防ぐには、酸化を防ぐ食材を食べるようにすることです。

酸化を防ぐ食べ物、シミやしわを防ぐ食品には何があるでしょうか?

・コーヒー

コーヒーにはポリフェノールが多く含まれているので、抗酸化作用のある飲み物だといえます。コーヒーを毎日飲む人は、きわめてシミが少ないとの報告もあります。

その量も一日2杯以上です。ポリフェノールは摂取してから2時間ほどで消えてしまうので、こまめに飲むことが必要です。

ポリフェノールの含有量としても赤ワイン並みですので、シミやしわをつくりたくない人にはぜひおすすめです。

・バナナ

バナナは、食材の中でも一番抗酸化力の強い食べ物だといわれています。中でも熟したバナナは抗酸化成分がとても豊富に含まれています。

一日に食べておきたい量としては、2〜3本程度で、美容ビタミンといわれるビタミンB6、B2も果物の中では一番多く含まれている食べ物なのです。

・うなぎ

うなぎはビタミンEやコラーゲンを多く含む食材です。美容食としての働きはビタミンEがメラニンを助けて新陳代謝を促進してくれます。

この働きは、うなぎではなくてもアナゴでも代用できます。

・緑茶ポリフェノールとビタミンC

海外では美白食品として人気のある緑茶にはビタミンCとポリフェノールが含有されています。緑茶成分はシミの原因の酸化物質を最小限にしてくれます。

・トマト

トメトにはメラニン生成を抑える働きがあります。メラニンの生成に必要な酵素などを抑える働きがあるからです。

紫外線対策としての食材にはこのほかにもたくさんあります。毎日うまく組み合わせることで、シミやしわ対策に有効となります。