女性の美容にとって大切なものは多いのですが、その中でも洗顔は非常に重要です。
ファッションや身だしなみ、言葉使いや働き方、女性の嗜みも含めて様々に心を配っていても、大事な顔の状態が最高でないとしたら、気分も沈みますしやる気も起きません。

そこで正しい洗顔法をキチンと学び、間違った洗顔法で肌の角質層にダメージを与えることで起きてしまう「乾燥肌」「敏感肌」「脂性肌」「毛穴やシミ」等のトラブルを解消しましょう。

正しい洗顔剤を選びましょう

洗顔する際には、自分の肌質に合った正しい洗顔剤を選ぶことが大事です。
今まで使用していた洗顔剤が、「自分の肌に合っているのか、どうか」はとても重要なポイントです。

人によって肌質は違うのですから、どんなに評判の良い洗顔材でも、乾燥肌の人がオイリー肌専用のものを使用したとしたら、洗浄力が強すぎて大切な肌の油分は失われてしまいます。

乾燥がさらに悪化してしまうのですから、絶対に避けたいことですね。
洗顔後に肌に突っ張り感が出た場合は、要注意です。

選ぶ際には、もちろん説明書や内容量が適切かどうかはキチンと読むと思いますが、細かな状態までは書かれてはいないようです。
自分で説明をきちんと理解して「洗顔で大切な肌に合ったもの」を選びましょう。

洗い上がりのサッパリ感や、保湿成分の量や効果にこだわらず、試してみてよいと思うものにすることです。
配合されている成分の大半は、洗い流してしまうので、肌にはあまり残らないものと思いましょう。
成分としてのビタミンCや美白成分、保湿成分等は、洗顔ではあまりこだわらなくても良いでしょう。

正しい洗顔方法とは

肌にとって大切な「皮脂を守りながら不要な汚れだけを落とす洗顔」が正しい方法です。
その手順を箇条書きにしてみました。

1 まずは汚れているかも知れない手を充分に洗うことから始めます。
2 洗顔剤は指定の方法でしっかりと泡立てますが、手では充分ではないと思ったら泡立てネットなどの使用しましょう。
3 Tゾーンから優しく洗いはじめ、皮脂の多い部分から洗い進めますが、指先ではなく泡で洗う感覚で、泡がクッションになるようにしながら洗います。
4 目元や口もとは乾燥しがちな部分ですから、泡を乗せるだけでも充分です。
5 すすぎは非常に大切なポイントになります。泡を肌に残さないように33〜36℃くらいのぬるま湯で、最低でも20回以上すすぐことが必要です。
6 その後は清潔な柔らかいタオルで、水分を抑えるように優しく拭きます。洗顔用のタオルなど使用するとベストでしょう。
7 洗顔後の保湿を必ずします。角質の水分が失われている状態が長く続くことが無いように、洗顔後は、すぐに充分な保湿を与えてください。

洗顔中の注意点は肌をこすらないこと

洗顔する目的は、古い角質や余分な皮脂を取り去ることですが、洗顔剤の洗い残しは絶対に気をつけてください。
そして、肌をゴシゴシとこすらないことが大切です。

決して「スキンケア」にはなりません。
こするとことで、デリケートな肌は非常にダメージを受けてしまいます。

洗顔時に毎回こすっていることで、知らず知らずに「シミやシワ、乾燥肌や肌荒れ」を招いてしまうのです。
さらにニキビや毛穴に問題がある場合は、こすることて悪化も考えられますから、優しく丁寧な洗顔は絶対に必要になります。
こすることで、肌のダメージは進んでしましますし、肌に大切な成分の油分や保湿成分までも洗い流されてしまうからです。

正しい洗顔は泡で洗うこと

肌にとってはとても大切な成分である油分や保湿成分まで、洗い落とす洗顔は間違っています。
肌は乾燥してしまって、ダメージにもとても弱い肌になってしまいます。

正しい洗顔法として、「泡で優しく洗う」ということを心がけてください。
洗顔剤は「肌に馴染ませるだけで余分な皮脂や汚れを浮き上がらせる」と言う作用を持っています。
しっかりと泡立てることで泡は肌に密着しやすくなり、汚れや皮脂を浮き上がらせるので効果的に洗顔ができるのです。

高い濃密な泡が特徴の「どろあわわ」は、沖縄の海底にある貴重な泥のマリンシルトとベントナイトという成分が配合されている洗顔石鹸です。

毛穴の汚れや、メラニンを含む角質を吸着して逃さず除去する効果がありますが、人によっては効果が強すぎる場合もあるようですから、しっかりと自分の肌に合う洗顔剤を選んでください。