ピーリングの驚くべき美肌効果

健やかで美しい素肌を維持するためには、肌のターンオーバーがきちんと働き、新陳代謝によって古い角質層の排除が正常に行われることが重要になりますが、年齢を重ねるとターンオーバーが若い頃に比べてサイクルが遅れやすくなるため、シミやシワの原因となる危険があります。
年齢を重ねても美肌を手に入れるためにも、ピーリングケアを行うことで定期的に肌表面に蓄積してしまう古い角質をきれいに除去し肌のコンディションを整えるケアが注目されています。

ピーリングのメカニズムについて

ピーリングとは皮膚を溶かすことで新たな皮膚の再生を促すことが出来るケアを指し、シミやそばかす、シワなどの原因隣りやすいメラニン色素の蓄積を効果的に排除することが出来る事から医学的にも認められているフェイシャルケアです。

ただ美容皮膚科などで受けられるピーリングは、AHAやBHAなど強いタンパク質変性作用や皮膚の溶解作用を持つ成分が配合されているため、皮膚に塗布しておくと古い角質を破壊して新しい皮膚の再生を行うことが出来るので、定期的なケアを行うのは高い美容効果があります。

最近ではAHAを配合した家庭用のスキンケアアイテムも販売されており、せっけんや美容液などクリニックなどに通わなくても気軽にお手入れが行えるのと、クリニックでの施術に比べてマイルドな使用感となっているので肌への負担が少ないと言われています。
もっとも、古い角質を剥がした後の新しい皮膚は、外部からの刺激に弱いこともあり施術後は紫外線対策や保湿などをしっかり行うことが重要になります。

クリニックで行うピーリングについて

より高い美容効果を得たいという方にクリニックで受けられるピーリングケアは人気が高いです。クリニックによってケア方法は異なり、一般的に薬剤を利用するケミカルピーリングと医療レーザーを照射して行うレーザーピーリングに分類されます。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングはAHAやBHAなどの古い角質を溶かして落とすことが出来る化学薬品を皮膚に塗布して行います。良い点はAHAは植物由来の成分なので低刺激でケアが行えて即効性が高いですが、悪い点は肌の弱い方は化学薬品全般が肌トラブルの原因となる可能性があることです。

レーザーピーリング

レーザーピーリングはレーザーを利用して古い角質を焼いてしまう事で除去を行います。良い点は化学薬品を利用しないので肌質全般に使用することが出来る事で、反面費用が高額になりやすい点です。
一部のクリニックで行われているクリスタルピーリングはアルミニウムの微粒子を吹きかける方法で角質除去を行い、良い点は化学薬品を利用しないので肌への負担が少ないことで、悪い点は施術を受けることが出来るクリニックが少ない事など、ピーリング治療もメリットとデメリットがあります。

自宅でできるピーリングについて

クリニックでピーリングケアを受けるとどうしても一回5000円~1万円ほどの施術費用がかかってしまうので、もっと手軽にケアを行う方法としてホームピーリングを利用する女性が増えてきています。自宅で使用するアイテムには、洗顔石鹸として利用するタイプと美容液を塗布するタイプの二種類が主流となっており、どちらも古い角質を溶かして落としてくれるAHAやBHAなどの成分が配合されています。

自宅でピーリングを行うメリットとして、クリニックのケミカルピーリングに比べて薬剤の成分量が少なく使用感がマイルドなので、低刺激なお手入れを行うことが出来ます。更に費用も抑えることが出来るので誰でも気軽にピーリングケアを始めることが出来ます。
デメリットはクリニックのケミカルピーリングに比べて、低刺激な分即効性を感じにくく継続して使い続けることが重要になってきます。ただ初心者でまずはピーリングケアを行ってみたいという方には入門として使用しやすくなっています。