ニキビ跡をレーザー治療する場合、ネットでの口コミを読んだところ、成功例と失敗例と両方ありました。
しっかりと対応してくれるクリニック選びが、とても重要だということでしょう。

シミでの治療よりもニキビ跡の悩みの方が深いのではと察していますが、治療を受ける前に
お薬やケミカルピーリングなどもありますから、自分で治療できる方法を試してみて効果が出ない場合には「レーザー治療」が良いと思います。
治療費はかなり掛かりますので…。

ニキビ跡治療のレーザーの代表的なもの

シミやソバカスなどの治療法と重なるものもありますが、ニキビ跡に有効なものを調べてみました。

フラクショナルレーザー

非常に細かい照射径の炭酸ガスレーザーを照射します。
皮膚に微細な穴を開けて、炭酸ガスレーザーで削りとります。

皮膚本来の再生能力(自然治癒力)を高めることで、皮膚のコラーゲンを増やし、皮膚を入れ替えるという治療法です。
デコボコ状態になった硬い皮膚まで削り取ることが可能なので、効果は高いといわれています。
痛みも少なく、また自宅での保湿のお手入れなど、治療を受ける毎に症状は改善していきます。

エルビウムヤグレーザー

水分吸収が高いレーザーを肌に照射し、水分に反応させて皮膚を蒸散させる方法です。
非常に水分吸収が高いレーザーのため、水分蒸発と同時に皮膚の表面を削り取るイメージで治療を進めます。
固くなってしまった皮膚までも、きっちりと削り取ることができるので、効果がとても高いと言われています。
しかし、しっかりと削るために皮膚の再生には時間が掛かるようです。
施術の痛みは少ないので、麻酔は使用しません。

インテンスパルライト

「ライト」と名づけられていますから、レーザーではなく光を使用します。
「インテンスパルライト」は複数の波長を持つので、その違いによって複数の症状に効果が表れます。
ピンポイントに光をあてるのではなく、広範囲に照射することで効果を上げられるようです。
治療の痛みも少なく治癒するまでの時間も短いという長所がありますが、回数はレーザーより多くなってしまいます。

症状によって変わるレーザー治療

現在、気になっているニキビ跡はどのようなものでしょうか。
その状態によって治療法は変わってきます。

・色素沈着によるシミには「インテンスパルライト」

メラニン色素が沈着してしまったニキビ跡には、広範囲に光をあてるインテンスパルライトが良いでしょう。
なによりも肌へのダメージが少ないことと、比較的広範囲を一度に治療できることがメリットです。
この呼称はクリニックによって様々ですが、「ライムライト」「光」「IPL」等とも呼ばれています。

・クレータータイプのニキビ跡には二つ

クレータータイプのニキビ跡はデコボコしているのが特徴ですが、このデコボコを取り去ってから皮膚再生を目指す治療法が向いていますから、「フラクショナルレーザー」や「エルビウムヤグレーザー」が良いでしょう。
治癒するまでのダウンタイムが長いのですが、効果的に治療が出来ます。
「炭酸ガスレーザー」や「フラクセル」とも呼ばれています。

ニキビ跡治療で気をつけたいのは

美容クリニックは様々ありますが、全てのクリニックを調べるのはとても大変です。
費用の点や通院しやすい場所、自分の肌の状態に適した治療内容、治療後のケアについて、様々なことを考えて選定しましょう。

治療の根本的な考えは、新陳代謝が上手く出来ずに「シミ・ニキビ跡・クレーター」になってしまった古い角質を取り去って、新しい肌細胞を再生することです。

強制的に肌のターンオーバーを強化するのですから、必然的に肌には負担が掛かってきます。
その再生力には個人差がでやすいものですから、他人と比べることは出来ません。

もし、人より再生能力が遅いと感じたら、栄養面や体力回復にも気をつけることが必要です。
治療が長引くことで、高額な費用は倍増されていくことになります。
でも始めたことで先が見えている場合は、なんとか頑張って欲しいものです。
自宅でできる術後ケアを相談しながら、しっかりと美しい肌を手に入れる努力をしていきましょう。