紫外線対策を怠ると肌には悪い影響があります。シミやシワを増やさないためにも紫外線対策がとても重要になってきます。

シミやシワの治療ではレーザー治療などもおすすめです。レーザー治療する場合には、シミやシワの種類により使うレーザーも異なってきます。

レーザー治療の際にはそれぞれメリット、デメリットがありますので、確認しておくことが必要です。

シミやシワをレーザー治療するときの種類について

できてしまったシミやソバカスはどう対処したらよいのでしょうか?シミやシワをレーザー治療するときの種類についてまとめてみました。

・フォトフェイシャル(IPL)とは?

(ソバカスやくすみ、炎症性色素沈着などに)

できてしまったシミやソバカスにはIPL(インテルス・パルス・ライト)という光を照射する肌全般の治療がおすすめです。

皮膚を活性化することで、お肌のハリを保つコラーゲンを増やします。コラーゲンが増えることでお肌の感触がよくなり、シミや毛穴の開きなどが改善できてきます。

一度にさまざまな波長の光を出すことができるフォトフェイシャルは、シミやシワなど異なった症状でも治療することが可能です。

つまり、フォトフェイシャルで光エネルギーを与えることで、紫外線で失われたコラーゲンが再生し、健康的な肌に生まれ変わることができます。

・フォトトリートメント(メディラックス)とは?

(ソバカスを中心に、赤みやくすみなどに)

フォトトリートメントと(メデラックス)は、シミやソバカス・日焼けあとなどの色素に反応する光で色素沈着(メラニン色素)のみを浮き上がらせてシミを取り除きます。

色素に光がダイレクトに到達して皮膚深部にあるコラーゲン細胞に働きます。コラーゲン細胞は増幅、活性化して内側からふくっらとした、ハリのあるお肌になっていき、シワなども改善されてきます。

・Qスイッチヤグレーザーとは?

(濃いシミ、比較的広範囲なシミ、アザなどに)

Qスイッチヤグレーザーは今までの治療で取り切れなかったさまざまなシミや数種類のあざなどもほぼ1回の施術で除去できるものです。

皮膚の深層部から浅い層までの広い範囲の色素異常を感知できます。正常なお肌を傷つけることなく、シミ・ソバカスを1回で除去してしまいます。

・レーザートーニングとは?

(肝斑、色素沈着、くすみなどに)

今までレーザー治療ができないといわれていた肝斑などにも使用できるレーザー治療です。

コラーゲンの生成を促す働きがあり、ハリ、キメなどの改善が期待できます。施術後直後にメイクが可能なのも大きなメリットです!

・炭酸ガスレーザーとは?

(脂漏性角化症をはじめさまざまなシミに)

盛り上がってしまったシミなどに対して行う方法です。サイズが大きい場合にはレーザーでの対応が難しいの外科的な切除をすすめられる場合もあります。

炭酸ガスレーザーで幹部を除去していく治療法で、ほとんどの場合1回の施術できれいにとれます。

また、局所麻酔をかけて治療を行うので、麻酔をかけるときの痛みしか感じないことが特徴です。

治療後は1週間〜10日間塗りぐすりと絆創膏を貼ります。

シミやシワをレーザー治療するときのメリット、デメリットについて

シミを取るためのレーザー治療は、シミの部分に熱を照射して行います。熱を加えるといっても顔に施術するというのは、不安なことも多いかもしれません。

しかし、女性なら顔にできたシミは「なるたけ除去したい」と思うことが多いですが、施術に対しても「やけどしたら?」や「シミの状態がひどくなったら?」などと心配になることは多いでしょう。

レーザー治療については、メリットとデメリットのことをよく確認しておくとより安心して治療しやすいかと思われます。

・レーザー治療におけるメリットとは?

1)ピンポイントで治療

レーザー治療のメリットは、より高い確率で肌の濃いシミにもピンポイントで治療できるということです。

シミになっている部分にのみレーザーが反応しますので、健康な肌には悪影響はありません。

2)短期間で治療できる

レーザー治療の場合、1回から数回の照射でシミを治療できるというのが特徴です。スキンケアなどでシミをケアするにはとても長時間の努力が必要になってきます。

それでも、若いころからのシミは数年ケアし続けたとしても効果が見られないこともあります。それにくらべたら、レーザー治療は短期間で治療できることがメリットです。

・レーザー治療のデメリットとは?

1)アフターケアを行う必要がある

施術後にはシミの部分にはかさぶたができます。1週間くらいで自然に剥がれてきますが、自分で剥がしててしまうと痕が残るので注意も必要です。

一定期間、軟膏を塗ったり、消毒、ガーゼ交換などする必要があります。

2)場合によってはシミが悪化する場合がある

レーザー治療をしたら、できるだけ紫外線を浴びないようにしなければなりません。紫外線を浴びてしまうとシミが再発する恐れがあるからです。

シミの種類によっては逆に濃くなる場合もあります。

レーザー治療ではレーザーのメリット、デメリットをよく確認してからの施術がおすすめです。

その他のシミやシワに対する注意点

4月頃から徐々に増え始める紫外線も5〜8月にはピークを迎え、シミやシワなどの原因になる紫外線対策のことがとても重要になってきます。

紫外線対策を怠ることで、わずかな時間でも肌には影響が出る場合があり、それもどんどんと蓄積されることであとになってから肌にはっきりと現れてきます。

紫外線対策は外出のときばかりと思っていたら大間違い!紫外線A波は窓ガラスを通過してしまうので、部屋の中にいても日焼けしてしまいます。

紫外線の気になる時期になったら外出時間は短くても日焼け止めを塗ることを忘れないようにしましょう!

また、紫外線対策では「日焼けしやすい食べ物」について注意が必要になってきます。それは柑橘類に含まれているソラレンという成分です。

通常、ビタミンCが豊富だとレモンなど柑橘類を摂ることは多いです。しかし、紫外線の多い季節には逆効果で、反対に紫外線を吸収して日焼けしてしまう可能性が高いのです。

でも、同じ果物の中でも抗酸化物質を多く含むイチゴは活性酸素の働きを抑えて肌を守る働きがあります。ビタミンCを摂るのであればイチゴを摂るようにしましょう。